女性ならではの悩み|月経前症候群は上手く乗り切ろう

女性

女性特有の症状を知る

悩み

月経前症候群という症状が知られるようになり、たくさんの女性がこの症状に共感しています。この月経前症候群は、月経前になると体や心の不調が起きるようになることです。症状がひどい人は仕事にも支障が出てしまうこともあるので、対策を行っていかなければいけません。この月経前症候群の原因は、はっきりとは解明されていませんがホルモンの影響が大きいとされています。そもそも月経はあらゆるホルモンが働いて起こることなので、ホルモンの働きがなければ月経も起こりません。このホルモンの働きとは、その分泌量によって脳に刺激が伝わるので、体や心に影響してしまいます。その影響が人によって差が出てしまうので、月経前症候群を感じない人もいるのです。月経前になるといつもと体の調子がおかしくなったり、精神も不安定になるという人は月経前症候群の疑いがあります。また、その症状の度合いにもいろいろとあり、男性やその症状が全くないという人からは、理解されにくいこともあるでしょう。しかし、月経前症候群もだいぶん理解されてきているので、それだけでも安心感が違ってきます。また、この月経前症候群はストレスによってもその症状を悪化させてしまうこともあります。これは、ストレスでホルモンに影響してしまうので、さらにバランスが乱れることで症状の悪化が予想されます。仕事で無理をしてしまう人や、環境の変化にも負担になってしまうこともあるので気を付けなくてはいけません。こういったことは、自分が意識するだけでなく、周りにも理解を求めていくことも必要です。もし精神的にも体的にもつらいのであれば、心療内科を受診してみましょう。心療内科は内科と精神科の間のような機関で、様々な理由で多くの人が訪れる場所です。女性にしかわからない悩みではあるので、男性医師だと不安なのであれば、女性の医師やカウンセラーのいる心療内科を探してまずは足を運んでみましょう。

月経前症候群の症状には、胸の痛みやむくみが目立つということが見られます。また、お腹が張って便秘になったり、不眠を感じる人も多いです。これらは体に起きる症状ですが、精神的にもその影響が出てきます。イライラしたりやる気が起こらなくなることもあり、そんな状態から仕事でもミスを起こしやすくなることもあります。このような症状は月経の1週間前から見られることが多く、さらに生理痛を感じてしまう人は辛い症状が長くなることもあるでしょう。しかし、家庭を持っている人や仕事をしている人にとって、体を休める時間がないことも珍しくはありません。無理をしてしまうと余計に症状が辛くなってしまうので、結局悪循環に陥ってしまうのです。月経前症候群は月経から起こる症状から、病気扱いにしない人も多いです。けれども、症状が辛いのなら病院で治療をしていくことは可能です。ホルモンを調整する薬で症状を抑えていくことはできますし、自分でも意識すれば対策はいくらでもあるのです。月経前症候群はストレスの影響も関係してくるので、できるだけ休むようにしていきましょう。勤務先では上司に報告するなどして、残業を避けていく意識も大切です。家庭内でも家事を簡単にするなどの工夫をして、育児も1人で背負い込まないことです。早めに寝ていくことでホルモンのバランスも良くなるので、規則正しい生活も効果的です。まずは、症状を放置することなく、病院に行ったり何らかの対策で症状を少しでも抑えていくことがお勧めです。女性特有の仕組みを知って、上手く付き合っていく工夫と改善が大切です。

症状の軽減について

困る

月経の前に様々な不快な症状が現れるものを、月経前症候群と言います。その症状には個人差があり、重い人もいればまったく無いといった人もいます。また、症状の種類も多々存在しています。月経が始まると同時に解消、軽減するのが一般的です。

詳しくはコチラ

生理前の症状について

腹痛

月経前症候群では身体的な症状の他に色々な精神症状が現れることがあります。このような精神症状が悪化すると、時に様々な問題に繋がることがあるため注意が必要です。今後は月経前症候群を積極的に改善出来る治療がさらに普及するでしょう。

詳しくはコチラ

月経前のつらい症状とは

困る

月経前症候群は、月経が始まる前にさまざまな体調不良の症状が現れる病気です。婦人科では低用量ピルなどで治療が行われますが、精神的な症状がひどければ、精神科や心療内科の受診をおすすめします。紙ナプキンが月経前症候群によくないという説がありますが、科学的根拠は弱いと考えられるのでその点は心配ありません。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 女性ならではの悩み|月経前症候群は上手く乗り切ろう All Rights Reserved.