女性ならではの悩み|月経前症候群は上手く乗り切ろう

女性

症状の軽減について

困る

月経前症候群の症状というのは、頭痛や下腹部の痛み、乳房の張りといた体調に関するものから、イライラや気持ちの落ち込みなどのような精神的なものまであります。こうした症状は、月経が始まる3〜10日ほど前から起きる人が多い傾向にあります。月経が始まると同時にその症状は解消されるのが一般的ではありますが、不快なことに変わりありません。月経前症候群の酷い人は、その症状のために憂鬱になってしまう人も少なくないのです。そこで、少しでも月経前症候群が発症する時期を快適に過ごすためには、まずは精神のリラックスを心がけると良いのです。というのも精神的な圧迫からホルモンのバランスが崩れ、症状が悪化することがあるからなのです。ですのでその時期というのは、好きな音楽を聴いたり、軽く運動をしたりして、ストレスを発散させると良いでしょう。そうしたことさえも辛い時には、精神科や精神内科などでカウンセリングを受けるのも1つの手です。カウンセリングの効果は勿論なのですが、「専門家に診察してもらった」という事実が心の安定を生んで、ストレスが解消されることも多いのです。このように精神の安定を図ると同時に、食事にも一工夫すると症状は更に軽減させることができます。まず大切なのが塩分の量です。月経前は水分が体に増えますので、塩分を摂りすぎるとむくんでしまいます。ですので普段よりも、減塩を意識した食事にすると良いでしょう。また、お茶やコーヒーといったカフェインを含む飲み物も避けた方が無難です。たったこれだけで、症状が軽くなる人も少なくありません。

月経前症候群に悩まされている人というのは、月経がある人の過半数を越えると言われています。そのため、月経につきものの当たり前のこととして、受け入れている人は多いのです。しかしここで少し注意してもらいたいのは、「当たり前だからといって我慢しない」ということです。頭痛や腹痛がしても「病気じゃないんだから」と我慢がする人も多いのですが、これは体に負担がかかりますしストレスの素にもなります。そうなると、症状が悪化してしまうことも少なくないのです。ですので症状に合わせて適切に薬を服用して、軽減させることは大切なことなのです。ただここでもう1つ注意しておきたいのが、薬の服用量です。というのも、薬の量が足りなければ症状の軽減にならない上に、痛みの原因物質が増えて薬が効きにくくなってしまうこともあります。逆に薬の量が多すぎると薬に対して耐性ができてしまい、やはり効きにくくなることがあるのです。ですので薬を服用する際には、表記されている服用量をしっかり守ることが大切となります。この量を守って使用すれば、長期間にわたり服用し続けても効きにくくなるといったことは殆んどありません。もしも症状が重い場合には、医師に相談することも視野に入れておくと良いでしょう。また、今までまったく何もなかったのに急に月経 前症候群になった時や、症状が激しくなった時にも注意が必要です。というのもこうした時には、他の病気が隠れていることもあるからなのです。ですので少しでも普段と違うと感じたら、早めに診察を受けるようにすると安心です。

Copyright©2015 女性ならではの悩み|月経前症候群は上手く乗り切ろう All Rights Reserved.