女性ならではの悩み|月経前症候群は上手く乗り切ろう

女性

生理前の症状について

腹痛

生理の前になると様々な不快症状を訴える女性が増えます。このような症状は一般的に月経前症候群と呼ばれており、現在では内科や心療内科での治療の対象となる病気です。月経前症候群の多い症状としては例えば、下腹部痛や腰痛、頭痛などが挙げられます。生理の始まる約1週間前からこういった症状が少しずつ現れてくる場合には、月経前症候群の可能性が大きいです。実際、どのような症状が現れてくるかには個人差があります。場合によっては下痢や吐き気、便秘などの消化器症状が生じてくることもあるため薬による治療も有効です。この手の身体的な症状の場合には、一般の内科や心療内科、婦人科などで症状に応じて薬の処方が行なわれます。女性ホルモンのバランスを補う低用量ピルも現在では月経前症候群の治療薬の一つです。体の不調と合わせて色々な精神的な症状が生じてくる点が、月経前症候群の一つの特徴です。イライラ感を筆頭に、うつ症状や寝起きの悪さなどが多くの場合現れてきます。重症例では様々な妄想やパニック、異常行動が見られることもあるため注意が必要です。特に普段ストレスを抱えている女性の場合には、月経前症候群の時期に衝動買いや異性とのトラブルなどの問題を抱えやすいと言えます。最悪の場合、人間関係の破綻や犯罪行動にも繋がることが考えられますので、症状がひどい方の場合には早目にメンタル治療の専門医に相談することが大切です。最近の心療内科や精神科では女性の月経前症候群の改善に役立つプログラムも設けています。

月経前症候群は近年少しずつ知名度を上げてきた病気の一つです。これまではこういった症状が現れても医学的治療の対象となることは少なかったと言えます。そうした傾向が一変し、主に心療内科などを中心に月経前症候群の専門治療が行なわれるようになっているのが昨今の状況です。現在の月経前症候群治療のアプローチは多方面から試みられています。例えば月経前症候群を引き起こすホルモンバランスの乱れを整える治療は、最もポピュラーです。低用量ピルを用いる方法の他には、漢方や栄養療法などを用いてホルモンを調整する治療が実施されています。イソフラボンやクローバーなどを素材とした女性ホルモンを補うサプリメントも月経前症候群の改善薬としては人気です。精神的な症状が重い方に対しては、時に精神療法も試みられています。月経前症候群の場合にも、必要とあらば認知行動療法が行なわれるのが現在の心療内科や精神科です。抗うつ薬との併用も珍しくなく、つらい症状を積極的に解消していくためにあらゆる手立てが用意されています。治療を担当する医師の中にも、月経前症候群に特に詳しいスペシャリストが登場しており、女性が一人で悩まなくても良い態勢が築かれているのが最近の医療の大きな魅力です。今後は様々な手法を通して、月経前症候群を改善していける風潮になると予想されます。専門家による治療はもちろんのこと、マッサージやリラックス法、瞑想などを取り入れた自宅でのアプローチもこれから普及が見込まれるケアです。

Copyright©2015 女性ならではの悩み|月経前症候群は上手く乗り切ろう All Rights Reserved.